事業内容 外装リニューアル

防水効果と、綺麗な景観を長期にわたって維持
するためカニ井では「フッ素樹脂塗料」
多く採用しています。

カニ井推奨のフッ素樹脂塗料「ルミフロン・ルミステージ」の情報はこちらへ
責任と安心メイクupショップ


塗料の性能と価格

塗料の性能と価格 比較グラフ

材料 耐用年数 備考
フッ素 18年〜20年 航空機や船舶等にも使用される超耐久性能ですが、大変高価な塗料です。
シリコン 13年〜14年 ウレタンより優れ発色性が強く色鮮やかに仕上がります。
ウレタン 8年〜10年 性能・価格のバランスに優れた塗料です。
アクリル 5年〜8年 防汚性能・耐久性能が低くなりますが、最も安価な塗料となります。

塗料の標準仕様書(例)

工程 材料 調合
(重量比)
所要量
(km/m2)
塗回数 間隔時間(hr)
工程内 工程間 最終養生
下地
  • ・下地はよく乾燥させ、含水率10%以下、ph10以下としてください。
  • ・付着物は完全に撤去し、傷、不陸、目違いなどは補修調整して下さい。
下塗り シーラー主剤 100 0.15〜0.25 1〜2 3以上 3以上
7日以内
-
シーラー硬化剤 33.3
上塗り 塗料 主剤 100 0.28〜0.32 2 3以上
7日以内
- 24以上
○○塗料 硬化剤 11.1
塗料用 シンナー 0〜20 - - - - -

概ね塗料は上記の表のように、4つの系統に分けられて説明されています。高い塗料を選択されても、それなりの技術をもった職人が施工を行わないと、塗料の性能を 十分に引出す事は出来ません。

各塗料には上記のような標準仕様書というものがあり、仕様書に準じた作業を行わなければなりません。塗料の希釈率等はもちろんのことですが、塗装の仕方でもかなりの差が出るものです。

また、建物の立地環境や部位により、塗料カタログ等でうたっているような防汚性や耐久性が得られない場合もございますし、また逆の現象も有り得ます。塗料は本当に多くの種類の物が販売されております。お客様のご予算や改修対象構造物・立地環境等にあった材料をご提案、ご説明させて頂きます。


屋上・屋根に関する工事

フッ素樹脂防水塗装

優れた耐紫外線性、高い耐候性により長期間にわたって下地を保護し、塗装の美しさを保ちます。

塗装が長持ちするので従来の塗料に比べ塗り替え回数の大幅な削減が可能になり、維持管理のための生涯費用(ライフサイクルコスト)の低減が実現します。

ご子息の代まで、持たせたいとお考えの施主様に おすすめの塗装です。

フッ素樹脂防水塗装 事例
橋などの土木工事にも使用される程の強度を持つ防水塗料を使用しています。

ウレタン防水工事

基本的に主剤と硬化剤の2つの化学物質を混合して施工する工法で、2つの化学物質が反応して硬化するものです。複雑な形状の屋根や変形ベランダ、屋上に設備機器が多数設置されている場所などでも簡単に施工でき、シームレスな防水層を形成します。

ウレタン防水工法は、このような現場を得意とするところが特徴です。

ウレタン防水工事 事例


外壁に関する工事

フッ素樹脂塗装

屋根の塗装と同様に優れた耐紫外線性、高い耐候性により長期間にわたって下地を保護し、塗装の美しさを保ちます。

塗装が長持ちするので従来の塗料に比べ塗り替え回数の大幅な削減が可能になり、維持管理のための生涯費用(ライフサイクルコスト)の低減が実現します。 ご子息の代まで、持たせたいとお考えの施主様に おすすめの塗装です。

フッ素樹脂塗装 事例

セラミック配合ウレタンによる壁面防水塗装

塗り替えでは旧塗膜の種類を問わず幅広く施工できます。汚れにくい塗膜構造を有し、カビや藻類などの微生物に対して強い抵抗性を示し長期に亘り衛生的な環境を維持します。

また、弱溶剤性で構成されているため臭気が少なく、作業環境の改善に役立ちます。

セラミック配合ウレタンによる壁面防水塗装 事例


外周に関する工事

植栽工事

少々植木が伸びすぎてしまった。
芝生に雑草が増えてしまったが、なかなか手を付けられないなど、ちょっとした手入れなら改修工事と共にご相談させていただきます。

また、本格的な植栽の手入れを同時にお考えのお客様へは、協力業者のご紹介も賜ります。

植栽工事 事例

門・フェンスの改修

建物本体の改修工事が不要な場合でも、ご遠慮なくご相談下さい。

鉄部は、塗装が剥がれ錆が発生すると、場合によって驚くほど早く腐食が進み、門やフェンスの交換工事になってしまいます。

小規模な共同住宅に見られる鉄階段などは要注意です。

門・フェンスの改修 事例

鉄部防サビ

門・フェンスなどと同様に、小さな箇所でもご相談下さい。

分電板や空調設備機器なども、錆の発生により内部に水が浸入し、思わぬトラブルが発生することがございます。

鉄部防サビ 事例